ミズノロゴマーク

導入事例

人工芝

セレッソ大阪 舞洲グラウンド

人工芝が思い切ったプレーと子どもたちの笑顔を生みだします ミズノブランドアンバサダー 森島 寛晃 さん
設計施工 ミズノグラングラス DS

子供たちとのイベントなど、今も第一線で活躍する
元サッカー日本代表の森島さんが感じたミズノグラングラス DSの魅力

セレッソ大阪 舞洲グラウンド

舞洲で利用しているミズノの人工芝はどうですか?

現在、指導者講習会等で、舞洲のグラウンド(ミズノグラングラス DS)を利用しています。昔の人工芝は、硬かったので、思い切ってプレーすることができませんでした。 しかしミズノさんの人工芝は、本当に天然芝と同じような感覚で、やわらかく、とてもプレーしやすいです。また、スライディングしても痛くないので、思い切ってプレーをすることができます。常にきれいなコートが保たれているので、プレーで失敗したときに芝のせいにできないですけどね。

人工芝導入によって感じるメリットは?

2点あります。まず1つめは、子どもたちの笑顔が増えます!緑のピッチに立った子どもたちは、テンションがあがりみんな笑顔でサッカーをします!そんな姿がとても印象的で、人工芝のグラウンドでサッカーをすることで子どもたちのモチベーションがあがり練習にも励みがでます。
2つめは、思い切ってプレーできることです。スライディングしても痛くないですし、足への負担も軽減されます。雨の日も、人工芝であれば問題なく練習することができることもいいことのひとつですね。

森島 寛晃 さん

これからの抱負はありますか?

人工芝のグラウンドという素晴らしい環境の中、ミズノさんとともに取り組んでいるビクトリークリニックなどのイベントを通じて、子どもたちが笑顔でサッカーの楽しさをみつけることができる「きっかけづくり」をしていきたいと思っています。そして、いつかこの芝からトップ選手がうまれたらさらにうれしいですね。

問い合わせ

ミズノ スポーツ施設サービス事業部

(大阪)大阪市住之江区南港北1丁目12番35号  TEL:06-6614-8188

(東京)千代田区神田小川町3丁目22番  TEL:03-3233-7235