ミズノロゴマーク

MS Craft Baseball Turf
2021
バンテリンドーム ナゴヤ
MS Craft Baseball Turf
2022
阪神甲子園球場
MS Craft Baseball Turf

MS Craft Baseball Turf
MS Craft Baseball Turf

MS Craft Baseball Turf

プロ野球シェアNo.1*

ベースボールのために生まれた、最先端の人工芝グラウンド

プロ野球と共に長年歩んできたミズノは、頂点で戦うプロフェッショナルの求める
高いクオリティに応え続けてきました。
ミズノの伝統ともいえる追求のスピリッツは、プレーヤーを支える用具だけでなく
そのフィールド、つまり人工芝にも生きています。
プレーヤーが理想的なプレーを実現するために
徹底的な検証と分析を重ねて誕生した「MS CRAFT BASEBALL TURF」は
プロ野球という頂点のフィールドで、最も選ばれている人工芝です。
常に最高のパフォーマンスを目指すプレーヤーたちへ。
ミズノは全てのベースボールシーンに、最高のクオリティを届けていく。

*プロ野球が使用するグラウンド及び施設の人工芝導入実績として

POINT
ベースボールターフが選ばれる理由

MS Craft BaseballTurf
野球用人工芝 8つの特徴

MS Craft BaseballTurf耐久性
MS Craft BaseballTurf長期安定性
MS Craft BaseballTurf形状復元性
MS Craft BaseballTurf衝撃吸収性
MS Craft BaseballTurfプレーの
安定性
MS Craft BaseballTurf充填材安定性
MS Craft BaseballTurf景観性
MS Craft BaseballTurfメンテナンス性

厳しい評価試験で
エヴィデンスを追求。

開発のために行った検証は、材料の基本物性を合わせると100以上にわたります。国際規格や競技団体が規定する試験方法やミズノ用品開発の際に使用する社内試験を野球用にアレンジして実施しております。それ以外にも、プレー性、長期安定性、充填材安定性、景観性、形状復元性等、様々な評価を行い、製品化にいたりました。

プロ野球シェア
No.1が認める品質へ。

2022年にバンテリンドーム、阪神甲子園球場のウオーニングゾーンにMS CRAFT BASEBALL TURFが採用されました。これで12あるプロ野球場のうち5球場での導入実績となりました。ドーム球場から屋外球場まで対応できる強度な人工芝として、選手のパフォーマンスを最大化するスポーツ性能として、コンサートなどの多用途に対応する万能な機能性をご評価いただきました。

INFORMATION

ミズノ スポーツ施設
サービス事業部

メールでお問合せ

(大阪)大阪市住之江区南港北1丁目12番35号 / (東京)千代田区神田小川町3丁目22番

INTRODUCTION RECORD
導入実績

MS Craft Baseball Turf 導入実績

阪神甲子園球場

2022

甲子園球場の歴史は、大正13年3月11日に着工し、8月1日に竣工式がおこなわれ、当時甲子園大運動場と命名されました。その年の8月13日には第10回全国中等学校優勝野球大会が開催されました。プロ野球では阪神タイガースのホームグラウンドとして、セ・リーグ公式戦を約60試合行っている歴史ある球場のウオーニングゾーンに導入いただきました。
収容人員は47,466人、スタンド約2万2600㎡、グラウンドは約1万3000㎡、フィールドは両翼95m、中堅118m。
ウォーニングゾーン部分幅4.57mに、MS CRAFT BTを採用。

MS Craft Baseball Turf 導入実績

バンテリンドーム ナゴヤ

2021

バンテリンドーム ナゴヤは、プロ野球以外にも各種スポーツイベントやコンサートで使用されることが多く、人工芝の撤去や敷設による芝の劣化が課題でした。「MS Craft Baseball Turf」は、パイル(芝葉)が天然の芝葉に近い形状に特殊加工していることで、選手の足への負担が軽減されるほか、イベント時の載荷重により倒れたパイルの形状復元性にも優れているため、採用にいたりました。

MS Craft Baseball Turf 導入実績

京セラドーム大阪

2018

2018年シーズン開幕前、オリックス・バファローズのフランチャイズ球場「京セラドーム大阪」で人工芝の全面張り替えをおこないました。機能性はもちろん、着工から竣工まで10日間という短期間で実施されドームの運営への支障を最低限に抑えました。

詳しく見る導入実績 詳しく見る
MS Craft Baseball Turf 導入実績

ZOZOマリンスタジアム

2018

選手のダイナミックなプレーを可能にし、観客が楽しめる環境つくりを目的に、人工芝張替工事を実施しました。「MS Craft Baseball Turf」の衝撃吸収性が最も評価をされたポイントであり、プレーヤーの負担を軽減することが期待されています。

詳しく見る導入実績 詳しく見る
MS Craft Baseball Turf 導入実績

ベルーナドーム

2016

2016年、野球のほか、コンサートや展示会などさまざまなイベントにも使用されているベルーナドーム(旧:メットライフドーム)の人工芝の張り替えをおこないました。野球場としての使用感を優先しBASEBALL TURFを施工させていただき、各関係者様から「天然芝に近い感覚がある」とのお声をいただきました。

詳しく見る導入実績 詳しく見る

全国導入実績一例

全国導入実績一例
大原運動公園野球場
全国導入実績一例
倉田山公園野球場
全国導入実績一例
山形市新野球場
全国導入実績一例
釧路市民球場
全国導入実績一例
佐久総合運動公園野球場
全国導入実績一例
福島県営あづま球場
全国導入実績一例
三次きんさいスタジアム内野
実績一覧はこちらをご覧ください

INFORMATION

ミズノ スポーツ施設
サービス事業部

メールでお問合せ

(大阪)大阪市住之江区南港北1丁目12番35号 / (東京)千代田区神田小川町3丁目22番

環境配慮型の新商品BT-V登場!

さらに品質向上した新シリーズ
MS Craft BaseballTurf- V野球専用人工芝

POINT.1

パイル強度向上による
パイルちぎれ抑制

従来品のパイルは280μmに対し、BT-Vでは400μmの高耐久性パイルを使用します。これによりパイルの強度が向上し、より一層パイルが千切れにくくなりました。千切れが抑制されることで、人工芝の耐久性、安定性を向上させました。さらにパイル由来のマイクロプラスチックの流出も抑制いたします。

ハイグレードパイルの採用に加え、
カール形状により
プレー時にかかる人工芝へのダメージが分散されちぎれを抑制する
パイル強度向上によるパイルちぎれ抑制
POINT.2

安全性

人工芝に接地した際の身体への衝撃ダメージが減少。
身体の負荷を軽減することで、プレーの安全性を高めます。

接地時にかかとにかかる衝撃は11%減少!!
※ランニング想定時
パイル強度向上によるパイルちぎれ抑制
POINT.3

固化抑制

長期にわたり適切なコンディションを維持。
経年による衝撃吸収値の低下を抑制し、固化の進行によりバウンドが高くなる現象を抑えます。

しなやかな肉厚パイルの為充填材の締め固まりを軽減!!
パイル強度向上によるパイルちぎれ抑制
POINT.4

照り返しの軽減

太陽光の反射を抑制し、プレー時のストレスを軽減。
色ムラや照り返し抑制することでボールの視認性アップ。プレーの快適性を高めます。

ぎらつきを抑えるとともに、
ランダムな捻じれにより
表面が均一に見えます。照り返しは従来品より48%減少!
※BASEBALL TURFと比較
パイル強度向上によるパイルちぎれ抑制

INFORMATION

ミズノ スポーツ施設
サービス事業部

メールでお問合せ

(大阪)大阪市住之江区南港北1丁目12番35号 / (東京)千代田区神田小川町3丁目22番

問い合わせ

ミズノ スポーツ施設サービス事業部

(大阪)大阪市住之江区南港北1丁目12番35号  

(東京)千代田区神田小川町3丁目22番