ミズノロゴマーク

導入事例

人工芝

ZOZOマリンスタジアム

人工芝が思い切ったプレーと子どもたちの笑顔を生みだします ミズノブランドアンバサダー 森島 寛晃 さん
製品 MS CRAFT BASEBALL TURF

千葉ロッテマリーンズ本拠地「ZOZOマリンスタジアム」
ミズノ野球専用人工芝「MS Craft Baseball Turf」を採用

セレッソ大阪 舞洲グラウンド

ミズノは積水樹脂株式会社(代表取締役会長:福井彌一郎 本社:大阪市北区)と共同開発した野球専用人工芝「MS Craft Baseball Turf」(エムエスクラフト ベースボールターフ)を、千葉ロッテマリーンズの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」に2018年シーズンから納入します。

「MS Craft Baseball Turf」は、天然芝に近い感覚でプレーできる野球専用の人工芝で、特殊加工により芝葉を縮れさせています。それにより直毛のロングパイル人工芝と比べ、上からの踏みつけに対し変形量が抑えられるため、芝面と接地するプレーヤーの足元のブレが抑えられます。さらに芝葉同士が絡みあい充填材を覆うことで、プレーの妨げとなっていたボールがバウンドする際のゴムチップの飛び散りを抑制しました。また、芝表面が光を分散させ照り返しを低減するので、プレーヤーと観戦者の目にも優しい人工芝です。

「MS Craft Baseball Turf」納入は平成30年2月28日に完了し、3月のオープン戦から使用を開始する予定です。

「MS Craft Baseball Turf」採用の経緯

株式会社千葉ロッテマリーンズと千葉市は、選手のダイナミックなプレーを可能にし、観客が楽しめる環境つくりを目的に、人工芝張替工事の公募を6月に実施しました。応募者の中から日本道路株式会社(代表取締役社長:久松博三 本社:東京都港区)が選定され、ミズノが人工芝張替を施工します。「MS Craft Baseball Turf」の衝撃吸収性が最も評価をされたポイントであり、プレーヤーの負担を軽減することが期待されています。

問い合わせ

ミズノ スポーツ施設サービス事業部

(大阪)大阪市住之江区南港北1丁目12番35号  TEL:06-6614-8188

(東京)千代田区神田小川町3丁目22番  TEL:03-3233-7235